「あ、この作品 変な方向向かってるな…」って感じる瞬間wwwwww