大塚明夫「んあっ、あっ、あぁ~~!んほぉ~~、もっとかけて、もっとかけて~~」