聲の形、障害者を商品化しているとして海外で上映反対運動が起こる